間質性膀胱炎レシピ

10月開催ご報告と本日のレシピ<手作りマヨネーズ・改良版!><甘栗ご飯>

2023/10/29

【間質性膀胱炎の食事療法:10/26のご報告】

本日5回目の開催でした。いつもご参加いただき、ありがとうございます。

今回は、以前ご提案した「手作りマヨネーズレシピ」を少し改良してご紹介させていただきました。材料を一度に入れるのではなく、卵と油をよく乳化させると、とろみがつくので、それから酢と重曹を加えていただくと美味しくできあがります。こちらでお試しいただければと思います。

他にも数種類のレシピをご紹介させていただきましたが、今回は秋を意識して(とは言っても1年中入手できますが)、甘ぐりで作れる、栗ご飯をご紹介いたしました。栗ご飯を作るには手がかかりますが、これなら簡単に作れて、美味しいとご好評をいただいたので、一度お試しいただければと思います。

参加していただけると、他にも数種類のレシピをご紹介しているため、皆さんで楽しく、ご試食いただけます。初めての方のご参加もお待ちしています。

いつも参加してくださる皆さんからは、貴重なご意見をたくさん頂いています。
今回も本当にありがとうございました。

気が付けば、季節はいつの間にか秋を通り過ぎようとしています。
朝晩の気温差で体調を崩されませよう、どうかご自愛なさってください。

管理栄養士 猪狩 玲子

【栗ごはん】

~コンビニの剝き甘ぐりを使って手軽に~

  • 米:2合
  • 剝き甘ぐり:100~150g
  • 塩:小さじ1
  • 黒ごま塩:適量

 

~作り方~

  1. 米をとぎ、炊飯器に通常の2合分の水を入れる
  2. 剥きくりを、そのまま炊飯器に入れる
  3. そのまま、普通モードで炊飯する
  4. お好みでごま塩をかけて、召し上がってください

手軽に安価で入手できる、甘ぐりを使ってみました柔らかくて美味しいです。是非、お試しください。

 

【手作りマヨネーズ・改良版!】

  • 生卵:1個(全卵)
  • 油:50cc
  • 酢:大さじ3
  • 塩:0.5g
  • 重曹:0.5g

 

~作り方~

  1. ミキサーに卵と塩、油を入れ、攪拌する(乳化するまで、30秒ほどミキサーを持ち上げずに攪拌する)
  2. 1に酢を少しずつ入れ、重曹を最後に入れて攪拌する

塩味は重曹が入るため控え目にしています。好みで追加してください。
生卵を使用しているため、日持ちしません。新鮮な卵を使用することと、必ず翌日までに使い切るようにしてください。
卵と油を先に攪拌し、よく乳化させるととろみがつきやすくなります。
手で攪拌する場合、なかなかとろみがつかないようでしたら、サイリウムオオバコパウダーという、熱を加えなくてもとろみをつけられる粉末を1g入れてみてください。少量でしっかりとろみがつきます。

ご予約ご相談はお気軽に

当院は、医師をはじめ、スタッフ全員女性です。
つらい症状はご自分だけで悩まず、
ご相談にいらっしゃいませんか。

お電話でのお問い合わせはこちら
048-788-2029※ご連絡は診療時間内にお願いいたします。

当院は「泌尿器科クリニック」です。
婦人科の診察・子宮がん検診は行っておりません。

診療カレンダー

2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

午前休診