間質性膀胱炎レシピ

7/27 開催ご報告と本日のレシピ<手作りトマトケチャップ>

2023/08/02

今回は、シリーズ2回目の開催でした。前回、参加された皆さんから、トマトが食べたい、トマト味のパスタが食べたいとのリクエストをいただき、試行錯誤して酸性ではないレシピを作成し、食べられるトマトとトマトケチャップをご試食いただくことができました。また、保存料や発色剤が添加されているため、召し上がれないベーコンを手作りし、こちらも皆さんに満足していただけました。(実際には手抜きのベーコンもどきでしたが)食べられないものが多く、食事の楽しみがなくなってしまいがちな病気ですが、少しの工夫で食べられるものを増やせていけたらと、日々レシピ作りをしています。そして今回も参加していただいた皆さんからの情報で、次への目標もできました。

周りの方に理解していただくのが難しい病気ですが、ここでは皆さんがご自分の体験や工夫をお話しいただけるため、明るい雰囲気の中で開催できています。多くの方にご参加いただけると嬉しいです。

これからも膀胱に優しく、それでいて美味しいと思っていただけるレシピをご提案できたらと思っています。

本日ご参加いただきました皆さん、猛暑の中本当にありがとうございました。

まだまだ暑い日が続きますが、どうかお身体ご自愛なさってください。

管理栄養士 猪狩 玲子

<手作りトマトケチャップ>

  • トマト:500g(中2個~3個)
  • 玉ねぎ:中玉1/2個
  • にんにく:1/2かけ
  • ローリエの葉:1枚
  • 塩:小さじ1
  • 砂糖:大さじ2
  • 酢:大さじ1
  • 重曹:1g

 

~作り方~

  1. トマトのへたをとり、へたの反対側に十字に包丁を入れる
  2. 鍋に湯を沸かし、トマトを入れ15~20秒茹でて湯剥きする
  3. 玉ねぎはざく切り、にんにくは薄切りにしておく
  4. 湯剥きしたトマトをすぐに冷水にとり、皮をむく
  5. トマトはざく切りににする
  6. トマト、玉ねぎ、にんにく、砂糖、塩、酢をフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまでミキサーにかける
  7.  6を鍋に移し、ローリエの葉(あれば)を入れ、中火で加熱する
  8. 沸騰したら、全体量が半分くらいになるまで15分~30分くらい弱火で加熱する(途中でローリエの葉を取り出す)
  9. 火を止めて重曹を入れ、好みのかたさになるまで火を入れる
  10. 火を止めたら器に移し、冷まして冷蔵庫で保存する

トマトの酸性を重曹を入れることで、中性にしています。
重曹は入れすぎると、味が変わるので注意してください。

ご予約ご相談はお気軽に

当院は、医師をはじめ、スタッフ全員女性です。
つらい症状はご自分だけで悩まず、
ご相談にいらっしゃいませんか。

お電話でのお問い合わせはこちら
048-788-2029※ご連絡は診療時間内にお願いいたします。

当院は「泌尿器科クリニック」です。
婦人科の診察・子宮がん検診は行っておりません。

診療カレンダー

2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

午前休診