院長コラム

膀胱鏡検査でわかること

2023/02/04

膀胱炎、の診断は尿検査(泌尿器科では簡易検査でなくて、顕微鏡で観察します)で行いますが、膀胱鏡検査が必要なのはどんな場合でしょうか。
膀胱腫瘍(がんがないかどうか)の検査であることは言うまでもありませんが、間質性膀胱炎、膀胱痛症候群、膀胱子宮内膜症、そして、エコー検査では観察が難しい尿道粘膜についても評価することができます。
力んだ時に血が出る、尿道か膣から出ているのかはっきりしないなど、判別が難しい場合は、膀胱鏡検査で膀胱・尿道の評価をすることができます。ちなみに、おしりから出血、のときは肛門科の診察を受けましょう。

ご予約ご相談はお気軽に

当院は、医師をはじめ、スタッフ全員女性です。
つらい症状はご自分だけで悩まず、
ご相談にいらっしゃいませんか。

お電話でのお問い合わせはこちら
048-788-2029※ご連絡は診療時間内にお願いいたします。

当院は「泌尿器科クリニック」です。
婦人科の診察・子宮がん検診は行っておりません。

診療カレンダー

2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

休診日

午後休診

午前休診